・デジフロ感想・

・第29話「逃走!変幻自在セフィロトモン」・
予告・・・!(いきなりそこか!)
兄さんが手を伸ばしてる先は輝二だよな?輝二こっち向いて仁王立ちかい(笑) 個人的には後姿がよかったな!ベルグモンカッコ悪ィ!イメージ映像が 服着ててちょっぴし残念だった腐女子多数!ああ楽しみ楽しみー!


、と支離滅裂に叫んですっきりしたところで本編の感想行ってみよう!


「あー今回も輝二いないんだよなー」とヘコんでましたが冒頭まず他の奴らがパタモンに夢中になってる間、ひたすら輝二と連絡を取ろうとする拓也に素晴らしく愛を感じましたッ・・・!でもその頃輝二は上半身の動かない妙な走り方で闇の人一生懸命追いかけてたりして報われない。もっとも輝二のデジヴァイスは通信妨害でもされてるのかと言わんばかりに繋がらない気配ではある。妨害してるのはやっぱりオファニモンだろうか。輝二、オファニモンのお気に入りだから(笑)。


とりあえず無印比で1割増ぷくぷくしているパタモンは何か重要だったりするのかなあ・・・間違ってもテイマーズのクルモンのようなご都合主義進化アイテムの役割にはならないで欲しいんだが前回の拓也の融合進化がまさにソレだったのでかなり不安です。個人的に融合進化は拓也と輝二と輝一だけでお願いしたいところ。皆がやると収拾つかないもの。輝一は輝二のように9割自力で融合進化してください。あとの一割は弟経由でオファニモン系希望。弟への愛だけでやってくれれば大笑いでヨシ!なんだがそりゃま無理だろうから。(当たり前だ)


ともあれセフィロトモンとの戦いは、・・・大雑把だったなあ・・・。
基本的にデジモンはバトル自体はそんなに凝ってなくて、寧ろヴォルフモンとダスクモンが特例中の特例だったんだけど。いつもに比べれば結構レベル高い方なんだけど、でもさあ。

セフィロトモン、獲得したデータを融合させることくらい、普通そっちが先にやらないか?

前回「イデアが云々」の台詞を吐いたとき、『ああ・・・何か哲学用語をちょっとかじった頭の悪い人がワケわからんまま用語乱舞してるカンジがする・・・』と思ったものですが、やっぱりただのバカだったようです。こっちはこっちで技を放出するしか能がない(例外チャックモン氷変化・ヴォル体術)が、あっちはあっちでコピった元データを放出するだけです。お似合い。てかひょっとして技出しの傾向までコピったのかしらん。ヴォル技を出さないのは体術データが解析できなかったから、とかだったら更に以下略!

ただ袋小路に皆を追い詰めたときの「闇」はやっぱりダスクモンのデータなのでしょう。恐らく輝一エピソードの伏線だとは思いますが、ダスクモンの「闇」はこういった「恐怖」「嫉妬」を象徴してレーベモンの「闇」は「安らぎ」とかだったらいいなあとは思うんだがレーベモンがそーゆー外見ではないので何かちょっとやめてほしいかもしれないやっぱり(笑)。ここは「光あれば影があり、影があれば光あり」の輝二の対、という存在意義だけでいいかも。でもそれじゃこの兄弟で完結しすぎで他キャラ(特に拓也)が入る余地がなさすぎるのでそれもどうだろう、とまた思案。ああ暗闇一つでこんなに輝兄弟に萌えてどうするんだー!

ともあれ「融合技」はホントにただ混ぜただけだったので、そんなものを解析できない応用力皆無のセフィロトモンには思いっきり蔑みの目を向けさせていただきました。


まあこの話、暗闇で錯乱しまくった仲間を一喝し、勝利に導く拓也が見せ場なんだろーけど。
拓也って・・・リーダーシップが偉そうですね。いっつも思うけど。
何となく彼の周囲は手下か敵かしかいなさそうです。そんな状況で突っ切るのが拓也の男らしさだからいいんですが お隣に輝二みたいな補佐役がいて初めてバランスが取れる危なっかしいリーダータイプな気もする。輝二は拓也がどんなに強く主張をしても問題があれば絶対に指摘するから。輝二以外は拓也のペースに強制的に巻き込まれて反対意見は言えないんだな。だからきっと拓也にとって輝二が特別・・・ にならなきゃ駄目だ!と心底思う。
そういえば新EDのマキシシングルは拓也と輝二が手を握り合い、すぐ後ろで輝一兄さんが見守り(?)、更にその後方で他の三人が笑っているという『ホントにこういう展開になってくれよ!』と切望するシロモノだった・・・。大輔が主人公として確立したのは賢ちゃんを真っ先に受け入れたことでしたが、拓也が主人公として確立するのはどーやら輝二を正式に嫁にしたときのよーだ(笑)。うおお頑張ってくれ拓也!


ともあれ「俺たちには四人も仲間がいる」という、輝二がいなくて淋しいファンをどん底に突き落とす台詞を帳消しにする、拓也のカッチョヨイ

「もう一人いる・・・」

という台詞だけでこの回はお腹一杯さv バトルで苦戦中に「輝二〜」じゃなくてホンットヨカッタ!(笑)

<TOP>