・デジフロ感想・

・第34話「決戦!バラの明星オファニモン救出作戦」・
ケルビモンがデータを何故集めてるんだろうという素朴な疑問に友樹様
「輝一さんなら知ってるかも。」
そこで輝一に何で聞かないんだろうとは思ったが、ここでは思いついただけでぽつりと言ってみたというそれだけだと言うことで流せる。問題はこの次の純平。

「そうだなーあいつはダスクモンだったんだもんなーおーい輝ニー聞いてみてくれよー」

何故輝一に直接聞かん(汗)というか何故に輝ニを仲介する。
というか前回といい今回といい純平は無神経キャラとして固定でもされたのかっ。うがががががー!
輝一仲間入りイベントが急ぎ足だったので仲間入り後のドラマに期待してたのに、か、かなりこれはマズいんでないかこれは。腫れ物に触るような扱いをされる方がよっぽどマシだこの素朴に無視されてる状況。まさか打ち切りでも予定されてるとでもいうのか。ヒイ。

まあその辺は拓也にとりあえず流されて、バラの明星へ進む皆さん。
予告で拓也と輝ニが融合進化でなく単体人型進化をしていたのでその状況ってどんなんだろうーと素朴に楽しみにしてたんですが、
何の脈絡も説明もなく単体人型進化。
ついでにやっぱり他の人たちとテンポが合わないが故に一人だけ大画面で進化するお兄さん。これを優遇されてると見るか仲間はずれと見るかは微妙な所でございます。うーん。

それにしたって「パワーよりも隠密重視ってことで」とかの理由なく今の状況で融合進化をしないのはいくら何でも変だろう、と思ってたら番犬の死神デジモン登場。戦いになるんですが消えたり現れたりする敵には極端に弱い力押しの皆さん、かなりあっさり翻弄されます。しかしこの戦い何が一番すごかったかってやっぱアレです。

レーベモンの恥ずかしさ。

ヴォルフモンのピンチを腹砲で救ったあとの「・・・レーベモン・・・」「・・・・・・」の見つめあい、の後に
フェアリモンのピンチを救うチャックモン。

輝ニはいつの間にやらオフィシャルで泉と並ぶヒロインになったらしい。

んでもって「別のデジタルワールドへ繋がるマント」にあっさり捕らわれる皆さん。この「別のデジタルワールド」という単語にちょっとロマンを感じてドキドキしてたら何ッッッのことはない、首に下げた水晶の中に続いてたとわかったとき、思わず「JAR●に電話だ!」と思ったのは私だけか。

そしてヴォルフモンが捕らわれた時だけ反応するレーベモン。

『貴様ら・・・許さん!』(すごい既視感)

そしていきなり心眼を開化して人型なのに獣の唸り声をあげ(よっぽど輝ニを消されて怒ったんだなにーさん・・・(笑))槍を出す。ついに、ついに兄さんの槍体術!と思いきや
『エーヴィッヒ・シュラーフ!』と叫んでぷすっと一刺し。
しかもアングル後ろから。ぷすっと一刺し。繰り返す。ぷすっと一刺し。

あんた仮にも元ダスクモンならぐるぐる回してジャンプして振り下ろすとか百烈付きをかますとかもーちょっとアクションあるだろうがーと思いながらも実はあんまり予想外な演出だったので不覚にもときめいた部分もある。ていうかこの「一刺し」はかつて自分で「必殺技はジャスティスキック!」と叫んでキックポーズをした某究極体以来の衝撃でした。そして兄のデジコードスキャン。

てかここまでの無理設定、兄のデジコードスキャン出すためだけにやり通しただろスタッフ!
さすがに二回連続で兄の無理矢理お披露目をされるとは思ってなかったため、さすがの兄贔屓でもそれはないだろうと思ったぞ〜。
そしてスキャンしたあとまたまた兄弟「・・・レーベモン・・・」「・・・・・・」の見つめあい。
君たちは『キックオフ』の主人公ズか。(解る人は年がばれます。)

うーんうーん、個人的に輝ニのみに反応する兄さんは大変好みだったのでソレはいいんだけどあまりにも(輝一も他の子も)「仲間」になってない(なろうとしてない)状況だった上に基本設定が歪んでいるので好み部分だけで悦れなかったヨー。悔しいー。
しかしこれがカード設定のように、レーベモン=ダスクモンとベルグモンの融合進化、だったら少なくともファントモンとのバトルは全然無理はなかったのである。基本的に兄さんが輝ニ絡みで最強になるのは当然なんで(笑)、アルダモンとベオウルフモンが勝てない相手に融合進化体のレーベモンが勝つのはそこまで可笑しいことじゃない。んが、単体人型進化のレーベモンを活躍させるためだけに拓也と輝ニが融合進化はド忘れるのはかーなーり可笑しい。城にケルビモンがいないと思ってるのならともかく。

いろんな意味で欲求不満になったバトルを終え、城に入るご一行。
セラフィモンにおけるソーサリモンのようなゴートモンと出会います。自分は敵じゃないというゴートモンに 『どう思う?』と、かつて助けてくれたパンダモンに第一声で疑惑の声を炊きつけた過去を持つ輝ニに問う拓也。こ、ここは 素直にバカに行って欲しかった・・・。んでもって輝ニが「うかつに信じるのは危険だな」と応えるのはいささか仕方ないにしても、 『お前が信じられる証を見せろ』ってのはー!こここ輝ニにそのまま追従するなんて何があった拓也ァ!駄目じゃん! ちゃんと嫁の手を引いていかなきゃー!(混乱)

結局パタモンの幼児判断に頼って信頼するわけですが、突っ込んでいいですか。

お前らも子供なんだが(笑)。

何か今回の話で純粋に楽しかったのは闇ウサギのピンク時代だけでした。悩めるうるうる目が可愛かった・・・v
でもオファニモンのこの話を聞いてたら今でも人型と獣型は一般的に争ってないとおかしい気がします。大体獣から簡単に人に進化するこの世界で人型獣型という区別に何の意味があるんだろう。それともフロンティア時代はそういう進化はしないのかな?うーんデジの基本設定ってどれも基本的に大雑把なんでついつい考え込んでしまうナリよ。

それにしても『何でも言うことを聞くからセラフィモンを殺さないで!』と懇願するオファニモンはそこだけ見ればいたいけな 女性なんですが、その後全然言うことを聞いてないので超一流の悪女にか見えなかったり。だから

フェアリモン:『もしかしてケルビモンは、オファニモンのことが好きだったのかしら』
ブリッツモン:『まさか、そんな。(だ、だとしたら悲しすぎる!この件に関してはケルビモン、全面的にお前を応援するぞ!)

としか聞こえなかったい両者の会話ー。(笑)ある意味純平オアシス。
そうしてケルビモン登場でうやむやに終わったわけですが。


輝一兄さんが優遇されてるのか実は疎外されてるのかサッパリ全然全く解らなかった回だったよ。
素で基本設定を歪める男、木村輝一。
レーベモンは勝率6割でジャスティモンに進化するというのがカード設定ですが 今回マジで秋山遼系を突っ走りそうな雰囲気バリバリでとても複雑な気分です。いや私こういう可笑しいキャラ大好きだし 秋山好きだし輝ニまっしぐら兄さん大好きなんだけど、輝一兄さんは賢ちゃん系を期待してたりもしたんだー。うーんうーん。 今回の話で悦れないわけではなかったけど今回の話で悦ったら兄さんのイメージは永遠に秋山系だーうーんうーん。

そして次回は激烈格好悪いマグナガルルモン登場。トレイルモンの墓場のように予想外に楽しいといいなあ・・・。(痛)
ていうかホント今回、基本が雑だったなーと思います。春映画の所在が不明な現状でこう来ると未来が不安になるじゃないか。頼むよ色々ー!

<TOP>