・デジフロ感想・

・第36話「勝利への飛翔!対決ケルビモンの城」・
何つーか、すべてが意表をつく回でした。しかもそれがいい意味なのか悪い意味なのか サッパリわからないのがスゴイです。後半の重要な回、しかも切羽詰った状況であろう この時期に、ケルビモン戦を一時中断して他デジモンとゲストバトルというのはオーイ 状態なんだけど、すいませんそれ以上に美味しかったんだ楽しかったんだ特に双子(笑)。

そ、それにしても冒頭。

「まだわからないのか!オファニモンの気持ちが!」
「そのオファニモンの気持ちをお前は踏みにじった!」
「人間などに何がわかる!」

ゴメン!私ココ全面的にケルビモンを応援する!ちなみにケルビモンの台詞は寧ろ 「子供に何がわかる!」ですな。踏みにじられたのはどー見てもケルビモンだ。ちなみに前回あらすじの「ケルビモンのスピリット強奪を身を挺して阻止したオファニモン」のくだりにはそういう言い方もあるのかとかなり素直に感心した・・・。


それにしても、人間形態に戻った途端にレーベモン時代の思い切りのよさはまるで夢だったかのように輝ニの名を呼ぶことすら躊躇する兄さん。決してマグナガルルモンの格好に輝ニの名を呼ぶのを躊躇ったのではないと思うが何となくそれでもいい気がします。
でもマグナガルルモンは、意外と動くと女性的にセクシーでよかったかもしれない。あとカイゼルグレイモンとの夫婦っぷりが(笑)←「待たせたな」と肩車

しかし予告で気にしてた兄の落ちがこんな所でこんな無意味に引き伸ばして演出されるとは思ってなかった・・・!ねえひょっとしてココギャグ!?とか真面目に思った。どうでもいいけど何で輝ニが「皆」を「純平たち」と形容するんだろう!いやどの固有名詞を出しても違和感あるんだけど何?やっぱりあの中で一番守らねばならない対象は純平だから?あとの三人はそれぞれ別の意味で最強(凶)だからそーかもしれない・・・とりあえずぎこちない双子(というより兄)は微笑ましい。今更なのがよりいっそう微笑ましい。

そしてこれからの進路を決める場で二人「気持ちを伝えること」で世界を作る双子。
何かこの双子、絶対二人きりのときと皆と一緒のときでは全然雰囲気が違うだろうと 思った。兄があまりにレーベモンと態度が違いすぎる。そしてこういう裏表は私的にツボ(笑)。←フロの子供はデジモンになったときに本性が出るので(類例友樹)。


そして今回のステキな悪役、変態卑怯のアイスデビモン様(笑)。
生身の拓也と輝ニを盾に取る所はいいとして、てっきりあのバリヤーの中の 温度を下げるのかと思って違う意味でもヒヤヒヤしてたら『拓也!』と突き飛ばす輝ニ。
突き飛ばしたら出れるんか(笑)!な、ならさっさと出なさい二人。
そして寒冷地獄ではなく締め付け攻撃をかます変態様。輝ニの喘ぎ声に『・・・いい声だ〜』
そうでしょうとも。
そしてその姿にお怒りモードの兄様。さすがに単独で倒すまではいきませんが 明らかに気迫が違います(そりゃそーだ)。この人輝ニを姫役にしてたら最強です。ステキです。 そんな輝一に変態様。
『お前のような目をしたヤツを屈服させて喰うのが楽しみなんだ!』
あー、あんた攻を受に変換するのスキな変態なんだー・・・ってヤバイ奴だなホントに!(笑)
ここでキーパーソンの輝ニをキチンと捕まえてたら完璧だったんだが、完璧なそんなモンを日曜の朝っぱらから展開されても困るので これでいいかと思ったり。

今回双子で世界を作りつつも輝一が皆の中で戦ってくれたので(四分割進化オメデトウ輝一!)構成への疑問は残りながら もファントモン戦と併せて(←重要)楽しかったアイスデビモン戦。で、でも。

このバトル全くもって拓也の立場がない(汗)。

う、うーん。でも今回は双子がかなりこそばゆい ツボだったんで・・・このツボを出すと確かに拓也出ばりようがなかったんで・・・ごめん、ヨシとする(鬼)。リベンジを期待するぞ主人公。 でも兄にも負けて欲しくないのでどうなるやら。


にしても輝ニのセカンド『兄さん』はいつだろう。

そして予告の爽やかな緑の中で泉の膝枕をされる拓也が一体話のどこになるのか見当もつかん(兄の落ちが本編開始10分頃なんて 予告で見て誰が思ったか←タルいケルビ戦が全てと思ってたのでホントにこれは結果的にヨシ)。

色んな意味でこれから楽しみ。次回も楽しみ。・・・ちょっとハラハラしてるけど・・・いろんな意味で・・・。

<TOP>