・デジフロ感想・

・第37話「決戦!命ある限りデジタルワールドを取り戻せ」・
冒頭。

これからハイパー進化です、と言うところで

「いいのか、純平」

確かに「二人だけ進化して戦う」という状況に一番ひっかかりを感じている人物は 純平なんだけど、よりによって一応ロンリーウルフの輝ニがそれを聞いてもないのに理解してるという構図は微笑ましいをほんのちょっとだけ越えた気恥ずかしさがありますね。私は純平は聖域なので98%微笑ましいんですが(あとの2%は?(笑))。ちゅーかその後の純平と輝ニの絡みは純粋に微笑ましいですv こういう純平×輝ニはスキだーv しかし輝ニの接触嫌悪症は忘れられましたか最早完全に。勿体ない設定なので生かしてほしいんだが・・・。(初出の棒術も・・・)

とりあえず勝ったら、ということで皆のプレゼント予告。

純平「パーッとやろう」
パタ「二人のために料理を作る」(どんな料理!?)
泉 「一日デート」(ありがたみがどこにあるんだ泉この境遇で)
友樹「ほっぺにチュー」(泉提案を深刻にしないための処置と信じてる友樹様・・・)
ボコ「お揃いの腹巻を手編みで」(拒否されて当たり前だボコ落ち込むな)

その雰囲気は完璧に無視して輝ニの元へ向かう輝一兄さん。

「しっかりな」
「ああ」


どんな状況でも二人きりの見詰め合いで時を止める双子がステキです。
それに不貞腐れる拓也が一層ステキです。

ま、そんなこんなでハイパー進化。

今回ほぼバトルオンリーだったんだけど、輝兄弟の体術以外でバトルだけで話が保ったのってひょっとしなくても初めてじゃないでしょうか。かなり頑張ったと思います。
しかし闇ウサギの強化後攻撃はサイキックフォースの風使いウェンディの屈辱系大技の アースゲイル(突風でガラクタを飛ばしてダメージを与える←ガラクタが当たらないと ダメージにならないため当たると大変屈辱的な気持ちになる)を思い出して笑えた。ウサギが精一杯踊っているのが更に笑えた。
しかしどんなに笑えても苦戦には違いなく、破れかぶれに「行くぞ!」そして白くなる画面。

・・・
・・・
・・・
・・・やっぱり予告の「爽やかな緑の中膝枕される拓也」は夢オチというか白昼夢 でした。それはまー予想通りでした。少なくとも最後じゃないと思ってました。
が、

一体どーゆー状況でどーゆー夢を見とるんだ拓也ァ!(笑)

というかアレは拓也の妄想だと思うといちいち笑えるんだけどね。

一日デート、なのに全員揃ってる所とか。
輝ニが輝一を除く皆に襲われてる所とか(爆)。
我関せずのありえない輝一とか(更に爆)。

膝枕の相手を輝ニにしなかったのが拓也(或いは東映)の良心かもしれません。
ま、謎の白昼夢から覚めてバトル再開。

「どうすれば」
「額だ」

さすが謎に格闘センスを持つ輝兄弟、ずばりと弱点指摘。カイゼルさんだけだったら エネルギー切れるまであちこちに放出してたに違いない。それにしても輝ニはホントに こういう切羽詰った局面で特に冷静になれるんだなあと改めて感心です。「エネルギー系攻撃が効かないから俺が盾になる」って。つかホントに小学5年生ですか、と言いたくなるが輝ニだからいいのだ。いい嫁貰ったね拓也(違)。

しかし折角『行け!拓也!』とデジモン名でなく人間名で呼んで激励してくれたんだから 一言『輝ニ』と呼んでくれたってバチは当たらないんじゃないかと思うんですが旦那ー。くすん。ま、そんなこんなの夫婦共同作業で闇ウサギスキャン。セラフィモンとオファニモンの幻を見て涙するピンク兎に違う悲しみを感じながら、おんぶされる完璧に寝ている輝ニに萌えました。イエイ。

そして(多分)ラスボス、ルー●ェモン。
東映系お子様悪役はやっぱりこの声ですかという感じですが(高山みなみさんでイメージしてた(笑))この方は この方で好きです。とりあえずまだ存在するはずの『輝ニに課せられた謎』はこのラスボス絡みであってください。
個人的には輝ニの呼びかけだけ実はルーチ●モンだった、とかだったら嬉しいんですが。デジだからどうなることやら・・・。

これから楽しみです♪それにしても一度でいいから拓輝と一ニが並立拮抗する回が見たいなあ(笑)

<TOP>