・デジフロ感想・

・第44話「共に戦え!ゴツモンと輝二の誓い」・
・・・ここまで期待すかしくらったのは初めて・・・かなあ・・・。
予告であんなに燃えたのが見事にこんなにすかったのは初めてだなあ・・・。

一人で頑張ってるゴツモンの元へ駆けつける山犬の姫輝二。(乗り物ヴリドラモン(爆死))
おそらくはゴツ視点。輝二オンリー視界!しかも回想込み!うわ熱烈ラブ!
そのゴツモンの救出には間に合うものの、雑魚を倒している間にちゃっかり後ろにいたロードナイトモンに見事にしてやられます。
って前回と同じパターンじゃねえか。あと仲間はどうしたのゴツ。

ちなみにロードナイトモンによるとあとは森・氷・光のエリアだけが残っているという。
確か「デジタルワールドは十闘士の力と同じ十の層から出来ている」んだよね。だから氷と光はわかる。が。
森って。森ってナニ。森って。
こんなでかい規模の世界設定くらいソツなく作れー!
それとも天使の居住地だけはデジタルワールドの層とは無関係なのか? 何かそれも変だな?ってことはオファニモンの居城は薔薇の国なんだろうか。それは何だかお似合いだが。
天使は植物系なのか。うーむ。

余談。昔の十闘士ってデジタルワールドの十の層から生まれたのかなーと思ってます。デジタルワールドそのものの化身、みたいな。(友人はデジタルワールドの防衛本能という説でした。成る程。)んでもって「伝説の闘士アグニモン」とか言われるので昔にも「アグニモン」や「ヴォルフモン」はいたと思っています。んで「スピリット」はその「層」の力をデータファイルにして保存したもの。だからそれだけではただの物体。生き物が身にまとうことで使えるモノ・・・という考察です。昔の十闘士の最終形態がエンシェントで、今の十闘士オリジナル形態は融合進化以降の形態、じゃないかなーと。
・・・ああ「十の層」って素人の私でもすっごく使える滅茶苦茶美味しいし使い甲斐のある設定なのに何か生かされきってなくて勿体無い・・・!この設定は出し惜しみしてほしくなかったよ富田さん!脚本家の横のつながりが心底欲しいです・・・。(尤も十の層設定が出る前でもおぼろげにそういう設定は想像できてたけどね(笑)←フレイモンとストラビモンの妄想で使ってます。)

さておき。本編の感想へゴーバック。

ゴツ輝二しか見てねえ輝二としか話さねえ熱烈に輝二ラブだー!
つーかゴツ×輝二恥ずかしいッ!何この双子より時を止める演出は!双子でもここまで激しくなかった!(ガーン!)

そんなこんなで防衛戦なのに攻撃戦。ナイトモンを倒す役割とロイヤルナイツを探す役割を分ける提案をする輝二。
ってロイヤルナイツ別に隠れてないし。
ナイトモン倒しても倒しても復活しててしかもソレ抜きでも特にコイツラ倒す意味がない!
ロードナイトモンが来てくれたから無意味にはならんかったがああああ!
ゴツの「アングリーラ!アングリーラ!アングリーラ!」は可愛かったがー!
脱いだ(爆死)マグナガルルモンのヒップラインはセクシーだったがー!

しかしよくよく考えると輝二がこの提案をしなかったら倒しても仕方の無いナイトモンと全員で延々と戦っていたであろうことは疑いないので輝二の提案は結構建設的だった・・・のだが・・・。輝二も皆と一緒に城に入ってもよかったと思うのは俺だけじゃないハズだ・・・。やはり ゴツとのコンビを作るための無理敢行、にしか見えない。ちなみにこの相手が兄だったら笑い所。拓也だったら普通。うーん。
しかしマグナガルルモンは最初からライトセーバーを使った方がよいと思います。・・・まあ撃ち尽くさないと持てないんだろうが。

ま、導いてくれた誰かさんのおかげで城に入ったご一行。

純平「ってロイヤルナイツはどーすんだよ」
ボコモン「バカモン!このエリアのデータを守る方が大事じゃー!」
ネーモン「って輝二も言ってたよね〜」

ああネーモン!ネーモン×輝二はいいよね!(逃避)

そして「ケルビモンを踏みつけるオファニモンとセラフィモン(・・・にしか見えんかった・・・)という絶対コレオファニモン作よね的なヒデエ像発見。なんて解り易いデジコード・・・。なんて自己主張の激しいデジコード・・・(笑)。

ちなみに外の戦いはまだ続いていた。ロードナイトモンに追い詰められるマグナさん。それをただ見るしかないゴツ。
「おいらに力があれば!」
おおあの伝説のパタモン進化と似たシチュエーションです!
そして輝二への愛でゴツモン進化ー!(笑)
って何故インセキモン!モノクロモンじゃないの!?イィィィイヤアー!(泣)
「インセキモン?雑魚が雑魚に進化したからといって何だというのか」
正しい。正しいよロードナイトモン!あああああ。いやインセキモンはマグナガルルモンでも倒せなかったナイトモンを消したから強いと思・・・・・・言ってて悲しくなってきた・・・。

そしてあの像がデジコードだと見抜いたデュナスモン。

「俺が気づかないとでも思ったか!?」

思ってたかもしれない。
豆の木村の前例があったから。ごめん、結構普通に頭よかったんだね・・・。結界に対する対処も頭使ってたもんね・・・ゴメンねバカだと思ってて。(ちなみに一緒に見ていた身内はその結界対策を見て「そんな!ロードナイトモンの作戦で効果があるなんて!」とのたまい、私は「だってセラフィモンの城だもん」と返した。)
あ、でも仲間か敵かの二択を迫るロイヤルナイツとその後の夫婦の反応はよかった。

そしてゴツモンとの別れ。まるで恋人同士のようです・・・。いや私は「戦友」のゴツとの男らしい別れが見たかったんだが・・・。

てゆーかだなあ!私はゴツと輝二のラヴをダシに拓也と兄の対輝二リアクションが見たかったんだ!ゴツとのラヴだけ出されても困るんだ!何で兄が!兄が反応してくれないのさ!兄ー!!!!!(拓也はさり気に信頼系リアクションで少しだけ返してるから反応皆無の兄が余計にッいや拓也のリアクションも全く足らないのだがッ!)
あとゴツモンがモノクロモンにならなかったのが結構ショック。かなりショック。モノクロモンだったら兄反応皆無でもそこまで寂しくなかった気もする位ショック。

えーと、次は氷のエリアですね。ブリザーモンの故郷。ああ怖い。
ロイヤルナイツは負けるのか?そしてトリが光のエリアか。ストラビモンの故郷〜(勝手に決めてる)何か輝二関連ドラマあるかなあ。あったらいいなあ(我ながら投げやり)。


・・・おかしい。ココはとっても楽しい回になって当然な回なのになんでこんなに肩透かしなんだ・・・。
やっぱ輝二ヒロインの回なのにヒーローがゴツオンリー(しかも進化先がインセキモン)だったから、でしょうか。
ゴツがモノクロモンに進化したら!拓也が旦那だったら!兄が激しくリアクションしてくれたら!この三つが揃えばものすごい楽しい回になったに違いないのに!いやもうどれか一つでもあったら!もうそれだけで!

・・・ものすごく中盤が恋しいです。それでもまだ未来に希望を持っていいですか。

<TOP>