・団子屋さん・



まずは日記引用。
・2012年2月9日のリュー日記・
団子屋さん。
団子100本10両という経営の団子屋さん。
いい機会なので貨幣単位に関してググってみたら一両大体6万円とのこと。えーと団子100本で60万円だから一本あたり6000円か。

高ェ!(笑)
しかしガル様なら確かにこんな暴利をつけそうである。「私の団子は世界一なのだからこの位当たり前だ!」みたいなノリで。

まあこんな団子屋は普通つぶれますが、それでは面白くないので繁盛していると仮定する。
そうするとアレだ、やっぱり店主目当てだろう。基本的に高ピーでツンツンしてるのが団子を褒めると若干デレるので何かそれ見たさで。団子屋というよりツンデレ屋みたいなノリで。それだと6000円の団子も寧ろ適正価格と思われてて(笑)
最近は安易に褒めてもデレが出ないので、客は色々頭を使ってデレを出すべく通うのである!半端に攻略意欲のそそる高嶺の花(タチ悪いな)。花魁状態?ともあれ最早 純粋な団子屋と思ってるのは店主のみ!みたいな!客の男女比がイーブンだと怪しさ倍増。

まあそこへご老公一行のアーさんが味について諸国漫遊の知識を披露して店主の心をぐっとつかみ、サルさんが適正価格について説教するといい(笑)…意外と叱られる方がホロっと来るかな?
そして全国の団子の味と価格を体験したいと思って「団子屋」としてご老公についていくんだよ!アレだ、シリーズのゲストヒロインのノリで、実はどこかのお家騒動に絡んでましたみたいな設定が…!

…やべえ適当に書いてたら何か楽しくなってきたぞ(笑)
団子屋の屋台を引っ張るのはアーさんかサルさんかってやっぱりアーさんかな団子に釣られて、とか、実は竹串を武器に立ち回れるのでグラチェスと仲良しになるとか、ダブルヒロインとして入浴シーンを半分こするとか(視聴者には今日はアタリなのかハズレなのかみたいなそんな仕掛け。どっちがアタリかなんてその人次第)、意識しないで諜報活動するのでご老公に重宝されるとか、でも基本的にトラブルメーカーとしてハグハグとタッグ組んでていつの間にかラブラブになるとか(爆)、結構楽しい情景が浮かんできます(笑)

問題があるとしたらヒッテルの設定があまり浮かんでこないことと、月心とカッツェが永遠の悪役になってしまうのかということだが。

団子屋じゃなくて「茶店」と気が付いたのはかなり後だった(笑)
この設定で作った小話。


おまけ
ご主人様の団子を巡って争うしもべたち



鬼気迫るダークナイト


後に引けないルーンナイト


しかし結局和解する。


ルーちゃんはみたらし団子で


ダーちゃんは三色団子で仲良しこよし。めでたしめでたし。

あほす(以下略)

<TOP>