・α外伝プレイ日記一周目・


戻るのはブラウザボタン使用推奨
13番目の星座
月へ行くか極東へ行くかの選択で月ルートを選ぶとコチラになります。
何で月に行ったかというと、ええそうです。
マオ=インダストリーの社長のご尊顔を拝しにです(笑)。
極東へ行けばイルムに会えるのは知っていたのであえて出るか出ないかわからない リンちゃんへ会うべくレッツらゴー。つくづく私はリンファンだと思います。 思い通りデモに出てくれて『はあ〜格好いい美人よねえリンちゃん〜』とか うっとりやってたのは秘密です。(秘密じゃねえ)

それはともかくマリーメイア軍登場。脱力感あふれる火消しのウィンドも健在で (声付きなんだもんな〜(笑)イカス〜)Wイベントとしては最上級演出やも。
月のゆりかご
デモにて登場、リンちゃん&ヴィレッタ姉様。(とファ(笑))
しかしαでは名目とはいえマオ社員でしかなかったヴィレッタ、いつの間に社長を 『リン』と呼び捨てる間柄になったのでしょう!!お友達だったんですか!? うわあそりゃあマオ社女性社員はさぞかしヅカジェンヌ真っ青な(真っ赤か?)状況だったろう!
しかもヴィレッタ姉様ったら押せ押せで。リンの方が推されてて。
リ・・・リンが受に見える・・・(核爆発)。(相手イルム以外で・・・)
いやちょっとヴィレッタ×リンなんて様々な意味でシャレなんねえんでパスですパス。 ときめくというかビクつくというか、こんな所で回ってんの私くらいだろうと解かっては いるんだがなあ。ダメね。私。(手遅れ)
実際このデモのリンに『よくも悪くも硬質』なイメージがないのが気になります。 頼むから伏線にしてくださいバンプレ。

しかし攻略的に語る事はないのか私。(かなり今更)
終わらない円舞曲
マリーメイア軍壊滅。

早。いやこの速さも原作どおりだし長く引っ張っても仕方ないんですけど それでもあまりの早さに憐憫すら感じてしまいました。後世の歴史から見ると 『アレは一体何だったんだ』という感じなのに、なまじ諸悪の根源デキムでなく 担ぎ上げられた幼女の名前がついているが故にマリーメイアが一層哀れです。
しかし月ルートですらコレで、極東ルートはどうなるんだ(出た、壊滅したって感じちゃうか)。

何となくWのイベントは総じて報われてない気がします。

まあキャラの魅力は損なわれていないし、戦力的にえらく使えるのが救いといえば救い。
デュオ滅茶苦茶役に立ってます。イエー。
愚者の祭典
この面がこんなにクソ長くなるなんて誰が思ったコンチクショウ第一面。

まずイサムとガルドの痴話喧嘩。私マクロスプラス知らんのですが、
こいつらこんなにラブラブだったんですかい?ミュンの影が薄いからまた余計に そー見えます(笑えねえ)。
イサムとガルドだからそういう風に見ないけど、同じセリフを例えば ヒイロとデュオあたりの外見でかましたら一発ホモですよしかもツボの!

まあそらええんですが(ホントにな)。

しかしココでシュウのネオ・グランゾンと戦うハメになるとは夢にも思ってませんでした。
しかもEXの知識からHP6万以上と思っていたので 『ネオグランゾンを倒すんだ!』との万丈の叫びに本気で 『いやじゃあああああああ!!!』と泣き叫び。
まあしかしネオグランゾンはエネルギー切れさえ起こせればマップ兵器を除けば 直接攻撃しかできないので、結構一方的な展開ができるといえばできることが判明。
そしてどーにか倒してみましたら。

・・・シュウ・・・まさかてめえ・・・これで終わりか・・・?

やられセリフが『うぬぬ!覚えていろ!』系でなく『負けてしまいました・・・ふっワタシも 愚かですね・・・』と清清しく笑って死ぬ系だったのは真面目に
ちょっと待て。
マリーメイア軍があれっきりなのは憐憫を感じたが、シュウがこれっきりなのは 怒りしか感じません。お前がしつこく物語を引っ張るのは、すでに義務だろうが! 一回くらい一作品のラスボスやってもらわないとワリに合わないのよαの出しゃばりは!

うー・・・すいません。シュウがここで悪役を終わるのは勘弁してくださいいい。

ともあれ倒したネオグランゾンの暴走で異世界へ飛ばされる皆様。

αでは削り役、外伝ではストーリー展開アイテム。ネオグランゾンのためにもこれっきりは 本気でよしてほしい気がいたします。(ウワサでは熟練度次第でリベンジもあるとか?)
招かれざる客
この面自体は実はあまり語ることはないんです・・・。
前面終わりの選択肢『フォートセバーンに直行するかしないか』で、 フォートセバーンを迂回する方がXルートに行けるのではないかと 何故か裏読みをしてしまい、そんでもってうっかりデータを上書きしてしまい。
こうしてしっかりターンAルートに来てしまったのですね!

人から『直行すればXルート』と聞いたときのワタシの反応は まあαにおける『ギア・オブ・ディスティニー』イルムガルト=カザハラ逃亡のときの 反応とほとんど同じでした。曰く
『最初からやりなおすううううう!!!!』
いやもう私Xは別格なもので・・・。

まあ妹がそれはもう姉妹の順番が逆なんじゃねえかという剣幕で止めてくれたので(苦笑) そのまま続けました。でもXと合流するまでは発作のよーに『X〜』と泣き叫んでそのたびに 妹に足蹴にされたり(爆死)。ハッハッハ。いやいい妹を持った。

あ、でも私ターンAも好きです。テレビ自体を見るのが面倒な時期だったので 途中までしか見てなかったですが。ロランいい感じで。(女装も)
共鳴する力
Xファン必見、カリスイベント。

カリス編というべき話はすごく好きな話です。世界をよりよく、という 壮大といえば聞こえはいいが少々パラノイアな夢を実現させるため、特別な力を 求めた人たちの話。それはカリスであったりノモアであったりもするし、 オウムを筆頭とする新興宗教にハマった人たちでもあればイスラム原理主義のような テロリストだったりもする。ファシストのような狭い見地の理想主義者だったりもする。

『力』を求めること自体は自然な気持ちだが、その『力』が自然でなかったら それはおそらく正しい結果に繋がらない。これは結構真理だと思っております。

平凡な人間であることから脱却するために人工ニュータイプとなったカリスに ガロードが言った言葉、 『確かに俺も力が欲しいと思った。でも違う。それって何かわかんないけど違うだろう!』は自分的にガロードというキャラを愛する根拠の一つ。
またガロードとカリスの関係もすごく好きなんです。
ガロードは自分の中に『カリスになりうる自分』を自覚したからこそカリスに挑み、 カリスを助けたいと思った。カリスはカリスで自分の視界を切り開いたガロードに かつての自分を垣間見たと思っている。その辺りの感覚の共有が信頼関係に昇華されてる感じ。
そんな関係がドツボなんですが。

ストーリーが凝縮されてて濃いセリフだけが抽出されて(しかも声つきで)展開されるので 『ああっ!原作知らない人!どうかセリフだけ聞いてホモくさいとか思わないで!! 原作はちっともそんなんじゃないのよう!!』と冷や冷やしてましたのことよ(笑)。

ただジャミルとカリスの強制戦闘がないのは大いなる不満の一つ。
この強制戦闘でカリスのビットをジャミルが切り払うのを見てスキル『切り払い』を 覚えるという感じにして欲しかったの〜!(ばーいFEトラキア776)
あの戦闘とその結果に『なんてスパロボイベントちっく♪』と当時から期待していた だけに・・・かなりがっかりなのです。あうん。

あとエニルに追われるガロードを見て『ウッソと逆のパターンだな』と表したジュドーに 座布団一枚。直後にダメージ受けた顔を出してくれたウッソに乾杯。
乳の揺れてるエニルのカットインに狂喜(笑)。
しかし何よりガロードとティファが一緒にエックスに乗ってくれたのを初めて見た あの感動はとても忘れられません!

(ダメージを受ける)ガロード:『くそっ!あたっちまったか!』
ティファ:『大丈夫、あなたは負けない』
(反撃)ガロード:『ティファ!俺を導いてくれ!』
ティファ:『はい!』

これで私に燃えるなというのは、火のついた爆弾に爆発するなというものです。 (茅田砂胡的表現)

ジャミルとカリスの強制戦闘がなくてもちょっとだけ許してしまったよ。てへ。
過去からの侵略
プレシアと五飛のやりとりが可愛いっす〜♪
五飛は口で言うほど弱い者を蔑んでいるわけでなく、寧ろ 守ろうとしている(つき離すという形を取ることが多いけど(笑))のがツボですね。
小説で出てきた奥さんの話オフィシャルにしてほしいんだけども。

まあしかしこの面で一番ビビったのは初めて見たヘビーアームズの最強武器の アニメーション。いやあきちんとトロワジャンプしてくれるんだもの。
こういうのはちょっと嬉しい。

暗黒大将軍の挑戦
甲児くんカッコいい〜♪
何つーか完全無欠なヒーロー魂ですね!強気で突っ走って、でも仲間のことになると 何かえらく献身的で。
その姿、完全無欠な兄貴キラー(爆笑)。
・・・甲児受の人の気持ちがちょっとわかってしまった(笑)。って何かこーゆー話 ばっかり書いてる気がするぞ。いかんいかん。

ちなみにこの面でガロードが『必中』を覚えました。
「ガンダム乗りに必中はいらんだろう?気合くれよ!?」とそのときは思った ものですが、後に『必中』はかなりの重要精神コマンドであることが判明。
敵が『回避』『防御』を選択してくるとは思わなかったもので。でもこういうのは いいですね。何よりNPC仲間が行動選択してくれるのは精神的にも助かります。 (・・・Fのミデア・・・(呪))
女の心をあやつれば
前の面で『兄貴キラー』の称号を受けた甲児に向かって 『甲児さん、いつでもお嫁に行けるね!』は爆弾発言だぜプレシア!(笑)
ともあれこの面の洗濯イベントは楽しかった♪ご丁寧にブレストファイアーで 乾燥までしてくれるんだものー。よかったねディアナ様!(笑)

ちなみにココでジロンとラグが同じ機体の同乗したのですが、 この二人の掛け合いがあまりに可愛くてちょっと愛してしまいました。
瀕死になったときの
ラグ:『ジロン!あんたに会えてあたし幸せだったよ〜!』
ジロン:『終わってから言えよ〜!』
(細部はちょっと違うと思うが) というやりとりが。
まあやりとりの可愛さは別にしても、ジロンはガッツが発動してもイマイチ 回避に信頼が置けないので、『集中』を持つラグはいいコンビです。 (ただ戦闘に使う気がなければ『脱力』を持つチルの方が助かる。)

原作を知らない私としては、今のところエルチを愛する理由がないもんで余計にな。
イノセントを統べる者
ティファを攫ったフロスト兄弟と戦う面。
ティファを擁したオルバが月勢力と接触するのを阻止する面で、 オルバの動きを封じたのちに奴のHPを20パーセントまで減らさないといけません。 多分無理にそれをしなくてもゲームオーバーにはならないとは思うが、私としては ガロードがティファを助けるイベントを心待ちにしておったので!!! 原作におけるガロードとティファの再会は是非とも再現して欲しかったのじゃ〜!

『ティファ、俺の傍をもう離れるな!』
『うん。もう私ガロードの傍を離れない』

そんでもって抱き合いながら宇宙空間でくるくる回る二人。
ああっこのやり取りが聞きたいっ!そしてスーパー系の仲間にはやされて欲しいっ!
その一念でオルバを取り囲みましたよ。

オルバのノルマを達成するとシャギアは逃げるので、シャギアを先に倒したら オルバの奴は何故か3ターン経っても消えない『鉄壁』をかけてきやがって(バグか?) 熱血サテライトキャノンで何とかノルマを達成ですよ。ああ粘着質な兄弟。

しかし折角ノルマを達成したのに関係なくティファは月に連れていかれるのだった。
おーまいがー。(しくしくしく)
天地を灼く剣
ここに至ってようやく援護をつかいこなす方法がわかってきました。
援護能力をフルに活用しないと(それこそ敵の援護すら利用しないと) なかなかボスは倒せないものです。

しかしここは面そのものよりも、エンドデモで捕らわれてい るはずのティファが いきなり医務室に現れたのが気になりました。どうもバグらしいんですが ひょっとして本来は前面でティファは救出されるハズだったんでしょうか。
むー。エックスはターンAとザブングルの世界観に取り込まれている分、 せめてガロードとティファ関連のイベントは丁寧に扱ってほしかったです。
時を超えた対決
サテライトキャノンを撃ちまくった面。
サテライトキャノンって気力が一定以上上がって3ターン待てば エネルギー消費ナシで撃てるので、そりゃ破格なんじゃないかと思ってましたが
ハッキリいってとんでもねえ。
このサテライトキャノン(以下サテキャ)を活用して初めて互角なこのバランスは 真面目に素晴らしい。

また『必中』の重要性が痛いほど伝わった面。
イサムですら当たりませんがなここの顔つき。
そんなワケでギンガナムの援護を切らすためだけに必中ロランとキッド、必中熱血サテキャでメリーベル 撃破。(メリーベルは配置的にすごく邪魔だったので)どうにかカテジナも倒せました。
ギンガナム?ほっといたよ攻撃力5200の熱血サテキャでかすり傷のバケモノなんぞ。

しかしタイトルの『時を超えた対決』の相手ことカーメン=カーメン自体は かなりどうでもよかったです。いいのかそれで。
私はD.O.M.E・・・黒歴史を封印する者
常に『殲滅』を視野に入れる私が、初めて『んなことやってられっか!』と 叫んだ面(笑)。ゾロゾロ出てくる敵を見て気分が悪くなったのは 『ロマンシング・サガ』以来です。

にしても結局ティファはD.O.M.Eにてなし崩しに再会。
・・・それで『ガロードはティファの予見した未来をことごとく変えてきた』ってドームに 誉められてもなあ・・・。『もう逢えない気がして』を覆したからこその説得力のある 言葉だったのに。

ジャミルとカリスの強制戦闘ナシ以上に大不満ナリ。 畜生〜!
僕らが求めた戦争だ
このタイトルを見た瞬間、
『あ、まだあったんだXイベント』(笑)
忘れてたよ変態兄弟(妹談)。でもこの面の扱いはそれは悲惨だったな。
この兄弟に愛はないから別にいいけども(ヒデエ)。

しかしここで語るべきはカテジナさん。
カテジナが出てくる度にウッソが何かと『戦う理由はないのに!どうにかならないのか?』 と自問するのでひょとしなくてもプルツーのように説得可なのかと思ったんだが
説得するのはともかくとして自軍に 入るのは勘弁してくれというのが正直な感想でした。
原作知らんがαのセリフイベントだけで十分すぎるほどこの女怖い。

しかしこの女、あろうことかギンガナムの攻撃からウッソを庇ったのです!
ウッソ『嘘でしょう!カテジナさん!!』
プレイヤーも異口同音だったでしょう!ただし死んだことではなく
庇ったことに(爆死)。色んな意味で壮絶だなカテ公・・・。

それにしてもメインで使っているキャラの中で唯一『援護』を獲得しないのがウッソ。 それを不思議に思って人に言うと、必ず 『ウッソが援護なんか覚えるワケないじゃん!』で片付けられます(笑)。
シナリオだけ見るとウッソって聞き分けのよい素直な少年に見えるんですけども それは間違いなんでしょうか。ヒイロや五飛ですら援護を覚えるというのに。

ヒイロの援護防御セリフはイイですよ!『ここは俺にまかせてお前は退け』ですから!(笑)
デュオあたりを防御すると思わず萌えるほどに違和感爆発。援護はいい。
決戦!Xポイント
ダイターン3を出撃させていないと『いつもの決め台詞』を戦艦から叫ぶので かなり空しいです。ていうかかなりカッコ悪いので、万丈緊急レギュラー化。(笑)

こんな理由でレギュラーにしたのはさすがに初めてでした。(笑)
ABAYO
・・・結局カーメン=カーメンは何だったのか、という面。
偉大なる計画自体はスケールがでかいんだが、配下はエアロゲイター偵察機レベルだし 本人もシュウやギンガナムやフロスト兄弟に比べれば何てことはないしで、
心証としてはマリーメイア軍と張る存在感です。(ダメダメ)

ブライガー自体は使えるんだがな。
黒歴史の終焉
物質的にも精神的にも鬱陶しいフロスト兄弟に、精神的に鬱陶しいグエンと 物質的に鬱陶しいメリーベルが加わった、世にも鬱陶しい戦い(爆笑)。

メリーベル・・・
何が鬱陶しいって彼女の援護レベル(3)に、両脇の雑魚の援護レベル(2)。
それに高い回避能力が加わるのでえらく倒すのに力が必要だったのことよ。
味方初期配置に近いこともあって真っ先に倒さないと本気でヤバかったのだが 彼女を先に倒すとグエンが精神コマンドを使ってくる。 この領主さんはメリーちゃんとどういう関係だったんでしょうか。
そんなわけで次はグエン御曹司。

グエン・・・
ていうかですね。この人ちょっとシャレにならんのではないでしょうか?
この時期のターンAは見てないんですけど
何でそこまでローラに惚れとるんだこの人は。
何とはなしに気持ち悪くてサッサと撃破しましたが、聞くところによると 祖父と母の間に生まれて、その祖父に掘られたそーで。まあそこまではグエンに罪は ないんだが、それで少年を女装させてその女名で延々呼んで執着するとなると いくらなんでも寒すぎる。ちょっとついていけません御曹司。

フロスト兄弟・・・
とにかく高いオルバの援護能力が真面目に邪魔なので、シャギアの援護をヤンロンに切らせて オルバを熱血サテキャで撃破。その後のシャギアは一撃で屠らないと精神コマンドをバカバカ 使ってくるので援護を使った連続攻撃で倒しました。
援護ってホンット大切。

とにかく色んな意味でアブナイ連中を抹殺して月と地球に平和が戻ったのでした(笑)。
ヤバイよ(笑)。
地球の後継者
やたらHPの高い顔つきがゴロゴロいる上に複数回ド根性その他を使ってくる敵が複数いる という、前面に劣らずキッツイ面です。 まあしかし恐竜帝国の大軍の後にはゼンガーさんが出るだろうと踏んではいたので 精神は温存しておきました。おかげさまで何とかなりましたが。

しかしなあ。ゼンガーの機体のどこらへんに、グルンガスト参式の面影があるのか ちょいとロブに聞きたかったりするんですがね。初登場のとき鳥形の戦闘獣かと 思ったのはワタシだけでしょうか。あと参式は二人乗りじゃなかったか。
まあグルンガスト参式についてはモトを知らない故それ以上はツッコミませんが、 ヒュッケバインの変化形、ありゃ一体何なんだ?
後ろの輪に勾玉にフンドシつけた、侍頭。
・・・誰か時代劇マニアでもいたのかなあ・・・。αの初回がリアル系だったのである意味 すっごく哀しいぞ。ていうかよくわかったなカミーユ。(はっ!もしかして 武者ガンダム!?(笑))

しかしゼンガーさんには結構な好意を抱いていたのですが、 この人が『まだだ!まだ倒れん!』と3回も起き上がってくると、さすがに 『消えて・・・消えてくださいゼンガーさん!(BYウッソ)』な気分になりますぜ。

尚熟練度が低いのでゼンガーそのままお亡くなり。このバージョンだとゼンガーは 存在感があるようで全くないです。かなり空しい。
時の流れの果てに
熟練度ノーマル(クリア時18)、最終面。 イーグレット三人衆のうちの二人、スリサズとアンサズを倒す所から始まります。
この二人の鬱陶しさは例によって援護能力。まだこの二人自身が 隣接していないだけマシですがそれにしても能力がシャレにならん上に 前面の例があるので先の展開を警戒せざるをえず、最低限の精神コマンドだけを 使用して、通常攻撃+援護攻撃でちくちく撃破。この面で月が出ているのは 本気で助かった。

地道にスリサズ・アンサズを倒すと、メイガスとウルズが出てきます。
どーでもいーけどアウゲルミルのモデルって絶対小林幸子だよなー。
それはともかくメイガスの攻撃力がシャレにならないこともあって、ウルズを無視して (ただしウルズの両脇の援護雑魚は速攻で倒した)メイガス集中砲火。 さながらαにおけるラオデキヤの前のオレアナの如く。
違うのはウルズの能力により、戯れに攻撃をしかけてもまず当たらない上にシャレにならんこと。
・・・分身能力はキッツイよウルズ・・・。
ともあれなんとか小林幸子アウゲルミルを倒すとメイガスはトンズラこいて ウルズもバシュンと消え、 次ステージへと映るわけで
ウルズかなり気の毒かもしれん。イーグレット三人衆のトップなのにね。

まあそのメイガスを追って異次元へ向かうわけですが、そこでの戦いは特に語ることはなかったり。

そしてエピローグ。イレギュラーの皆さんは元の時代に無事戻り、 未来世界の人々も平和を満喫。月へ向かうキエルの乗るアーガマの新たな名は
ローラ=ラン号。(セガバンダイみたいだ!)
そのこっぱずかしい名前を皆が真顔で、しかも結構感慨深げに語るもんだから まるでガロードとロラン死んだんじゃねーかという感じなんですけども!
ていうかガロード(とティファ)とロランを皆と一緒に新西暦時代に飛ばすってのは ないですか?そしたら形的に美しいぞ!ああもうガロードとティファを次回作にも 出してほしいだけなんですけど(正直)!

まあしかし今回エックス煩悩のおかげでつっ走れたけれど、イルリンだけでやってたら 欲求不満もいいとこだったなあ。ラストのイージス計画でイルムが月に来てくれていたので まーそこんところで色々想像しろってことですかい。ええい俺は過 程が見たかったんじゃあ! (大泣)
そのへんは次回に期待する。ていうか次回イルリンラブコメがなかったら許さん。
でもα世界における存在感は増したのでイルリン的に外伝評価できなくもないよ。うん。



今作は原作中心とのことで、展開やまとめ方も意表をついてて楽しかったり感嘆したりでした。 ガンダムXとターンAとザブングルの世界のまとめ方は、かなり上手かったと思う。
反面、原作の話を凝縮・短縮しすぎで一部進行が荒かった所もあるが(特にガンダムX) まあ何とか許容しようと思います。
ともあれ、『元ネタを知らなくても楽しめるけど、元ネタ知ってれば楽しさ100倍』な ゲームであった点は評価されるべき。 ちなみに多かったと評判のバグですが、謎のティファ以外は全く出ませんでした。
だからこその高評価かもしれませんが、ともかく次回作に色んな意味で期待。

<→TOP>